個人輸入安心代行クイーンラップ
HOME
【創業2008年】【信頼のリピート率44%】【100%純正品】
銀行振込/代金引換 スピード配達 郵便局留に対応 送料無料
会員募集中 会員登録ボタンからいつでも登録できます
会員登録後の初回注文で QUOカード <1,000円> 分を プレゼント
➤ FAX注文書はこちら
ショッピングカートを見る
会員ログイン
会員登録(無料)/修正
会員特典について

用語集・参考文献tenn height=
<目次>
機―性ホルモン


 1)女性化を望まれる場合

 2)卵黄ホルモンと黄体ホルモン

 3)性同一性障害(Gender Identity Disorder, GID

 4)日付ダイヤルの使い方



供|棒ホルモン

掘ゞ敍増強剤

検.瀬ぅ┘奪


 1)アルコールのむくみを予防するには?


后“容・スキンケア

此“毛・育毛


 1)ノキシジルの一般的用法


察\鎖整堕蝓Ε好肇譽
 
 1)ADHDとは?


 2) SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)とは


次ED・性機能改善

 1) 勃起障害(ED) 

宗“鯒ゥ團

勝\病

Ⅺ 禁酒・禁煙


 1)禁酒、断酒の薬の種類

 2)禁酒、断酒の方法

Ⅻ その他

 1) 痛風ってどんな病気


機―性ホルモン
 
1) 女性化を望まれる場合

<女性化で最も重要なのは男性ホルモンを抑えることです>
  男性ホルモンを抑えるのは女性化する上で最も重要なことです。
とりわけ胸は男性ホルモンの影響を強く受けます。
他の部位(例えば肌など)が女性化していても、胸は男性ホルモンが邪魔をして大きくならないということがよくあります。
女性ホルモンをどんなに増やしても男性ホルモンがしっかり下がっていなければ胸はおおきくなりません。女性化を望むなら男性ホルモンをしっかり抑えましょう。
確認の仕方は(男性ホルモンが胸の発育を妨げていないかは)血液検査で調べればわかります。
血中の男性ホルモン値(テストステロン値)を測ってみてください。
MTFの理想である女性の基準値まで下がっていれば問題ありません。
 
 テストステロンの基準値
 男性   277〜1111  ng/dl
女性   16〜86    ng/dl←理想

<男性ホルモン抑制効果の高いホルモン剤>

  男性ホルモンを下げるには黄体ホルモンが必要です。
もし女性の基準値まで下がっていなければ服用量を増やすか、より強力な黄体ホルモン剤を使うのもひとつの手です。
ただし強力な成分ほど健康リスクも高くなる点については注意してください。

<最も強力なのは酢酸シプロテロン>

  黄体ホルモンの中で最も男性ホルモン抑制作用が強い成分は酢酸シプロテロンです。
プロベラの12倍の抑制作用があります。
海外では卵胞ホルモンと一緒に服用したMTF全員が完全な女性化乳房を手に入れたという研究結果がでています。
ただしこの成分は血栓症リスクと肝臓病リスクが他の成分より高いので最終手段としてお考えください。
基本はマレフェのような安全性の高い製品で地道に男性ホルモンを下げていくべきです。
 酢酸シプロテロンが使われている製品にはダイアン アンドロキュア(アンドロクール) があります。(商品蘭よりご確認下さい)


 
2) 卵黄ホルモンと黄体ホルモン

【卵黄ホルモン】
古くからある代表的な卵胞ホルモン薬(エストロゲン薬)です。体内で活性のエストラジオールに転換されて効果を発揮します。いわゆる女性ホルモン補充療法(HRT)として広く用いられています。閉経前後に少量を用いることで、更年期障害にともなう不快な症状が改善されます。とくに、のぼせや発汗など血管運動神経症状に効果が高いです。また、泌尿生殖器の萎縮にともなう膣の乾燥感や尿失禁にも有効です。さらに、長期に続けることで骨粗鬆症の予防効果も期待できます。骨粗鬆症に対し正式には適応しませんが、骨量増加と骨折予防効果が世界的に認めらている唯一の女性ホルモン薬です。
 
【黄体ホルモン】
Provera(プロベラ)は、妊娠維持作用が強く、男性化作用の少ない経口黄体ホルモン剤です。有効成分メドロキシプロゲステロン酢酸エステルを含有しています。

メドロキシプロゲステロン酢酸エステルは、子宮内膜分泌作用、妊娠維持作用をもっています。合成黄体ホルモンであるメドロキシプロゲステロン酢酸エステルを補給することで、黄体ホルモンの不足によっておこる症状を改善します。通常、月経サイクルの維持や不妊症、流早産などの治療に使用されます。
  • 代表的な合成黄体ホルモン薬です。天然の黄体ホルモンに近い自然な作用を示します(プレグナン型プロゲストーゲン)。産婦人科領域で広く処方されています。
  • 同類薬としては、中性脂肪を増やす作用が弱いです。そのため、長期服用が必要な更年期障害に対する「女性ホルモン補充療法」にも多用されています。
1、閉経前後の人の飲み方
周期的併用法という飲み方になります。プレマリンとプロベラをともに周期的に服用します。

プレマリンは1日0.625〜1.25mgを1カ月のうち21日間連続で飲み続けます。プレマリン服用開始から12日目からプロベラの服用を開始し、プロベラはその後1日2.5mg〜5mg(10咾両剤の場合は4分の1錠〜2分の1錠)を10日間連続で飲み続けます。(プレマリンとプロベラ二つを同時に飲む期間になります)

プレマリン服用開始から22日目、プロベラ服用開始から11日目になったら、薬の服用を止めて、1週間の休薬期間を設けます。
休薬期間の後、また同じ手順で服薬を繰り返す飲み方になります。
この飲み方では、毎月、月経のような子宮出血があります。

2、閉経前後で更年期障害などの症状が強い人の飲み方
エストロゲン連続・黄体ホルモン周期的併用法という飲み方になります。更年期障害などの諸症状が強く出ており、プレマリンに休薬期間を設けると症状が悪化してしまう場合に用いられる飲み方です。

プレマリンは休薬日を設けずに1日0.625〜1.25mg毎日飲み続ける飲み方になります。プロベラは1日2.5mg〜5mgを一カ月のうちに10〜14日間飲み続け、その後一度休薬し、また次の月が来たら飲みます。
この飲み方では、プロベラを飲み終わったあとに子宮出血がありますが、出血のないときもあります。

3、閉経から数年が経った人の飲み方
持続的併用法という飲み方になります。閉経後数年が経過している人に用いられます。
飲み方事体は簡単で、プレマリン1日0.625mg とプロベラ1日2.5mgも毎日飲み続けるという方法になります。
この飲み方では、服用開始から3〜6カ月間は不正出血が見られる事もありますが、通常はその後収まります。

4.、子宮を切除している人の飲み方
単独投与方という飲み方になります。子宮が無い為、子宮内膜の肥大化を黄体ホルモン剤(プロベラ)で抑える必要がなく、プレマリンだけの服用で済みます。
飲み方はプレマリンを1カ月のうち1日0.625〜1.25mgを21日間飲み続け、22日目から服用を止めて1週間の休薬期間を設け、次の月からまた21日間飲み続けるという方法です。
休薬期間を設けると症状が悪化してしまうという場合には、休薬期間を設けずに毎日プレマリンを飲み続けましょう。

 
3) 性同一性障害とは(Gender Identity Disorder, GID

性別を考える2つの側面

性別といえば、男性か女性の2種類に分かれると多くの人たちは単純に考えます。しかし、性別には生物学的な性別(sex)と、自分の性別をどのように意識するのかという2つの側面があります。性別の自己意識あるいは自己認知をジェンダー・アイデンティティ(gender identity)といいます。
多くの場合は生物学的性別と自らの性別に対する認知であるジェンダー・アイデンティティは一致しているため、性別にこのような2つの側面があることには気づきません。しかし、一部の人ではこの両者が一致しない場合があるのです。そのような場合を「性同一性障害」といいます。
つまり、性同一性障害とは、「生物学的性別(sex)と性別に対する自己意識あるいは自己認知(gender identity)が一致しない状態である」と、定義することができます。

ジェンダーとは何か

ここまで「ジェンダー(gender)」という言葉を使ってきましたが、この言葉はいろいろな使われ方をしています。大きく分けて以下の3つがあります。

  1. 生物学的性別を意味する使い方
    形態や機能の上から区別できる雌雄(female, male)のこと(性的二型)を生物学ではジェンダーと呼びます。
  2. 社会的・文化的に形成された性差を意味する使い方
    「人為的・社会的に作られた性差」、「男性が優位であるかのように作られた性差」という立場でジェンダーを把え、社会的・文化的性差の意味で用います。
  3. 性別に対する自己意識、自己認知を意味する使い方
    「自分は男(女)である」、「男(女)として生活することがふさわしい」と感じる性別に関する自己意識(認知)の意味で用います。心理・社会的性別と呼ばれることもあります。

このように「ジェンダー」という言葉は、使われる状況や背景によって意味が大きく異なってきます。性同一性障害について述べている場合には、3番目の「性別に対する自己意識、自己認知」を意味していると考えてください。


性同一性障害でみられる症状

主な3つの症状

性同一性障害を有する人にみられる症状は、「自らの生物学的性別とジェンダー・アイデンティティが一致しない状態」から生じるものです。しかも、生物学的性別をジェンダーに近づけたいという願望からくる症状として、理解することができます。

  1. 自らの性別を嫌悪あるいは忌避する
    自分の性器が間違っている、成人になれば反対の性器を持つようになるであろうなどと主張したり、自分の性器はなかったらよかったのにと考えることもあります。
    また、2次性徴期には、男性では声変わりがしたり、喉仏が目立ったり、肩幅が広く、筋肉が張ってくる、陰茎が大きくなるなど、女性では体つきが丸みを帯び、月経が発来したり、乳房が膨らむなどの変化が起こります。こうした男らしい、あるいは女らしい体つきになることに対する嫌悪感や忌避の気持ちが強くなります。
    そのために、すね毛をそったり、乳房を晒しで巻き、ふくらみを隠そうとしたりします。これらの症状は、自らのジェンダーにふさわしくない身体症状を嫌悪し、忌避することからくるものです。
  2. 反対の性別に対する強く、持続的な同一感を抱く
    自分の存在そのものを、自らのジェンダーと同一化したいと願い、反対の性別になりたいと強く望みます。そのために、反対の性別の服装(異性装)をしたり、反対の性別としての遊びを好みます。
    男の子の場合、女の子の遊びを好んだり、女の子の服装をしたいと望みます。また、女の子の場合には、男の子のような活発な遊びを好みます。これは、自らのジェンダーにあった生活や遊びをすることが自分の気持ちにしっくりするためです。
  3. 反対の性別としての性別役割を果たそうとする
    日常生活の中でも反対の性別として行動したり、義務を果たしたり、家庭や職場、社会的人間関係でも、反対の性別として役割を果たそうとします。また、言葉遣いや身のこなしなど、様々な点で、反対の性別として役割を演じることを希望し、実際そのように実行します。

性同一性障害と同性愛、服装倒錯症の違い

性同一性障害は、同性愛と混同して考えられることが少なくありませんが、両者はまったく別のことです。すでに述べたように、性同一性障害は、自らの性別に関するジェンダー・アイデンティティの問題です。一方、同性愛は性対象として同性の相手を選ぶことを意味しています。したがって、性同一性障害を有する人の中には、異性愛の人もいれば同性愛、あるいは両性愛の人もいます。
また、性同一性障害では反対の性別の服装をしたり、装飾品を身につける「異性装(服装倒錯症)」がみられます。しかし、異性装をするからといって、性同一性障害とは言えません。
自分の性別とは反対の服装をする人たちは昔から知られており、一般に異性装と呼ばれていました。20世紀の初め頃、異性装をする人達を学術的に服装倒錯症(transvestism)と呼ぶようになりましたが、その後、異性装によって性的快楽を得る人の他に、自らの生物学的性別とは異なるジェンダーを有する人が、反対の性別の服装を身にまとおうとすることが明らかになりました。
このように、異性装をする人たちの中には、性的快感を得るための場合と、反対の性別に帰属することを求める場合があります。性同一性障害では、性的快感を求めるためではなく、自らのジェンダーに合った服装をすることを願うために異性装をします。

性同一性障害の診断について

性同一性障害の診断は次の1から4のステップで行います。

  1. 生物学的性(SEX)の決定
    染色体検査、ホルモン検査、内性器、外性器の検査を行って、生物学的性別は、正常な男女のいずれかの性別であることを証明します。
  2. ジェンダー・アイデンティティの決定
    生育歴、生活史、服装、これまでの言動、人間関係、職業などに基づいて性別役割の状況を調べ、ジェンダーの決定をします。
  3. その上で、生物学的性別とジェンダー・アイデンティティが不一致であることを明らかにします。
  4. その際、次のような除外診断に該当しないことを確認します。
    • 性分化疾患などの異常はない
    • 精神的障害はない
    • 社会的理由による性別変更の希望ではない

なお、染色体の異常などによる性分化の障害(かつての半陰陽など)においてはジェンダーの決定が重要です。それは、性分化疾患では多くの場合、gender dysphoria syndrome(性別違和症候群)といわれるようにジェンダーの問題を有していることが少なくないからです。したがって、性分化疾患は中核的な性同一性障害とは異なりますが、広くジェンダーの障害として対応を必要とします。
これら、性同一性障害の診断は十分な経験を持つ精神科医2名の診断によって確定しますが、もし両者の診断が不一致の場合には3人目の精神科医の診断を求めることになっています。


性同一性障害の治療

おもな治療法

性同一性障害の治療は、一般に、精神療法、内分泌療法(ホルモン療法)、外科的治療の3段階を順に進めます。
外科手術に進んだ場合でも精神療法や内分泌療法を継続します。

注)2012年(平成24)1月に日本精神神経学会「性同一性障害に関する委員会」は第4版ガイドラインを発表し、その中で、「第2次性徴」を抑えるホルモン療法について言及し、容認した。すなわち、男性、あるいは女性としての体の特徴が顕著になる前に、生物学的性別と反対の性ホルモンを投与し、少しでもジェンダーと身体的特徴の隔たりを少なくしようとするねらいで、投与を開始する年齢も15歳に引き下げることを提言している。

  1. 精神療法
    これまでの生活の中で、性同一性障害のために受けてきた精神的、社会的、身体的苦痛について十分な時間をかけて聞き、いずれの性別で生活するのが本人にとってふさわしいかの決定・選択を援助します。また、選択した性別で生活することを支援することも精神療法の段階で必要なことです。
    精神神経学会ガイドライン第3版では、「精神的サポート」「カミングアウトの検討」「実生活経験」「精神的安定の確認」を精神療法として行うべきことをうたっています。
  2. 内分泌療法(ホルモン療法)
    十分な精神療法を行っても自分の性別とジェンダーの不一致に悩み、身体的特徴を少しでもジェンダーに合わせようと希望するとき、ホルモン療法を行います。その際、以下のような点について確認します。
    • 選択した性別に対する持続的で、安定した適合感があり、第2段階に移行するための条件を満たしていること。
    • 十分な身体診察、必要な検査を行い、ホルモン療法に支障がないこと。
    • ホルモン療法の手技、効果と限界、起こりうる副作用について十分な説明を行い、文書で同意を得ること。
    • 家族、パートナーにもホルモン療法の効果と限界、起こりうる副作用について十分な説明を行い、納得を得る努力をすること。
    • 年齢は満18歳以上であること。(注)
    • ホルモン療法中の乳房切除術も容認する。
  3. 外科的療法
    外性器等に外科的に手を加え、主として反対の性別に近づける治療法を「性別適合手術」(sex reassignment surgery, SRS)と呼びます。
    男性が女性への(Male to Female, MTF)性別適合手術を求めるときには精巣摘出術、陰茎切除術、造膣術ならびに外陰部形成術をします。一方、女性が男性への(Female to Male, FTM)手術を求めるとき、第一段階として卵巣摘出術、子宮摘出術、尿道延長術、ならびに膣閉鎖術を行い、ついで、第二段階として、陰茎形成術を行います。
    外科的療法を行うにあたっては、次のような条件を満たす必要があります。
    • 十分な第1段階(精神療法)ならびに第2段階(ホルモン療法)の治療が行われていること。
    • 十分な第1段階(精神療法)ならびに第2段階(ホルモン療法)の治療にもかかわらず、依然として生物学的性別と性別の自己意識との不一致に悩み、手術療法を強く望んでいること。
    • 精神療法ならびにホルモン療法を通して、選択した反対の性別に対し、持続的で安定した適合感があること。
    • 選択した性別で生活することにともなう身体的な困難、現在の社会的立 場や家庭内で起こる可能性のある問題などに対処できる条件が整っていること。
    • 手術を望むものの性格、薬物依存の有無などの観点から、手術とその結果に対する事態に十分対処できる人格を有していること。
    • 手術を望むものが、手術によって生ずる身体的変化、随伴症状、社会生  活上の変化、家庭や友人との関係、性的問題などを十分理解し、判断していること。
    • 家族や親しい人が手術療法に理解を示していること、とくに両親や配偶者、 時には子供の同意が得られていることが望ましい。
    • あらゆる可能性を考慮して医療チームが手術療法に移ることが適切であると判断したこと。
    • 年齢は満20歳以上であること。

性同一性障害を有する人のQOL

性同一性障害を有する人を取り巻く医療的環境や社会的・心理的状況は、現時点では必ずしも整っているわけではありません。たとえば次のような問題があります。

  1. 医療環境の問題
    性同一性障害をはじめとする性別違和を持つ人たちに対する医療的対応は、現時点では必ずしも十分とはいえません。
    その一つは専門とする医療施設が少ないこと、専門医が少ないことが挙げられます。とくに性同一性障害の診断と治療は複数の診療科の連携を必要とするために、一層対応できる施設に限りがあるのが現状です。また、内分泌療法、外科的治療に対する保険適応がまだなく、今後の課題となっています。
    このような医療環境の整備には「Gid(性同一性障害) 学会」「日本精神神経学会」「性同一性障害に関する委員会」などが積極的に活動し、努力しています。
  2. 法的整備
    反対の性別で生活しようとするとき、障害になるのが、名前の問題や戸籍上の性別表記の問題です。
    • 名前の変更(改名)
      性同一性障害による改名を行うためには家庭裁判所の審判を経て、許可される必要があります(戸籍法第107条の2)。後に述べる「特例法」が施行されてからは、性同一性障害による改名は比較的認められやすくなりました。(浅野杏子:戸籍の名および性別の変更に関する法的手続き.山内俊雄、松原三郎編集「精神科医のためのケースレポート・医療文書の書き方」p321―330、2011 中山書店)
    • 性別の変更
      性同一性障害を有する人が、外科的治療を行い、外見的には反対の性別に限りなく近づいたとしても、自らの所属する「戸籍上の性別」が変更されないと、手術を受けた人のQOLは高まらないことになります。そこで、国は「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律」(※)を制定しました(平成15年7月10日)。

※)「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律」
家庭裁判所は、性同一性障害者であって次の各号のいずれにも該当する者について、その者の請求により、性別の取扱いの変更の審判をすることができる。

 
  • 20歳以上であること
  • 現に婚姻をしていないこと
  • 現に子がいないこと
  • 生殖腺がないこと又は生殖腺の機能を永続的に欠く状態にあること
  • その身体について他の性別に係る身体の性器に係る部分に近似する外観を備えていること

この法律は、2004年(平成16)7月から施行されました。その後、2008(平成20)年に、これらの条項のうち、「現に子がいないこと」を「現に未成年の子がいないこと」と変更され、平成20年12月18日に施行されました。
性別に関する特例法が施行された平成16年7月から平成23年度までに、申し立て受け付けは総計2936件でしたが、そのうち、裁判所で認められた性別変更(更正)は2847件でした(「日本性同一性障害と共に生きる人々の会」調査)。
以上のように、わが国では性同一性障害の外科療法が先行する中で、医療や社会制度の環境整備が遅れておりましたが、日本精神神経学会、GID学会、「日本性同一性障害と共に生きる人々の会」などの努力により、少しずつ環境が整ってきています。

 

4) 日付ダイヤルの使い方

・内側のダイアルを回して、飲み始めの週へプラスチックタブを
 合わせてください。
・プラスチックカバーを取り1つ目の錠剤を取り出してください。
・次の錠剤を取り出すには、1つ目の錠剤を取り出した後に時計
  回りにダイアルを1つ回してください。
・ダイアルは、錠剤が取り除かれた後のみ回すことができます。

 


供|棒ホルモン

掘ゞ敍増強剤

検.瀬ぅ┘奪

 
1) アルコールのむくみを予防するには?

飲酒のむくみを本剤で対策しようとすると、副作用が増強されてしまい、さらにリスクが高まってしまいます。なので、ここではこの薬を使わずにできるお酒のむくみ予防をご紹介します。

A) あらかじめ水を飲んでおく

お酒を飲むと喉がかわくのは、アルコールの分解にたくさん水分が必要だからです。なので、事前に水を200ミリリットル程度飲んでおいて、体内の水分が多めの状態にしておくといいでしょう。お酒を飲み始めてから水分を取っても間に合いません。
お酒を飲むときは、最初の一口を楽しむためになるべく水分を取らないようにしがちです。ですが、その行動がむくみの原因の1つ。できるだけ、事前の水分補給を心がけましょう。

B) 味の濃いおつまみは控える

すでに書いたように、味の濃いおつまみもむくみの原因の1つとなっています。なので、よくある味が濃くて高カロリーな食べ物はなるべく控えるようにしましょう。豆腐やサラダを中心に、ゆっくりと少しずつ食べていくようにするとよいでしょう。

C) 体をしっかり温める

体温が下がると代謝が鈍くなり、むくみ改善が遅くなってしまいます。なので、自宅に帰ってきたらポカポカのお風呂に入って体を温めましょう。ただ、熱すぎると脱水症状が加速するので、ぬるめのお湯に15分ほどつかるのがおすすめです。
また、お風呂がぬるくても汗で体の水分は抜けるので、入浴後は水分をしっかり摂っておきましょう。



后“容・スキンケア


此“毛・育毛
 
1) ノキシジルの一般的用法

ノキシジルの1日の最大服用量は、100mg(5mgの場合20錠、10mgの場合10錠)とされています。服用回数は1〜2回となっているので、例としては最大で朝夕それぞれ50mgの服用となります。しかし、通常はもっと少ない用量を服用します。
120mgぐらいが平均で、10mgを朝夕に飲むのが一般的です。
必要に応じて服用量を増やすことは可能ですが、必ず身体に薬の成分を慣らさせながら服用する必要があります。
服用のイメージとしては、下記のようになります。
最大服用量 1日目 2日目 3日目 4日目
5mgの場合 5mg 5mg 5mg 5mg
20mgの場合 5mg 10mg 10mg 20mg
40mgの場合 5mg 10mg 20mg 40mg
*100mgを服用する場合は、更に3日ぐらいかけて徐々に服用量を増やすことをお勧めします。
*上記の服用量は海外で紹介されている用法を参考に作成しています。国内の服用は医師や薬剤師の相談をお勧めします。
1日の最大服用量は、100mg5mgの場合20錠、10mgの場合10錠)とされています。120mgぐらいが平均で、11回決められた時間に飲むか、10mgを朝夕に飲むのが一般的です。




察\鎖整堕蝓Ε好肇譽

 
1) ADHDとは?

大人のADHDといっても、大人になってから初めて出現するものではありません。不注意、多動性、衝動性という3つの症状に、子どもの頃からずっと悩まされており、多くの人は自分なりの工夫や対策を考えて努力していますが、それにもかかわらず、状況が改善せず大人になり、うまく生活することができず困っているのです。

ADHDの症状の変化

多動性

  • 子どもの症状
  • 大人の症状

           落ち着いて座っていることが難しい                                                  

貧乏ゆすりなど、目的のない動き
遊びやレジャー活動におとなしく参加することが難しい
落ち着かない感じ

衝動性

  • 子どもの症状
  • 大人の症状

質問が終わらないうちに出し抜けに答えてしまう
思ったことをすぐに口にしてしまう
欲しい物があると激しくダダをこねてしまう
衝動買いをしてしまう

不注意

  • 子どもの症状
  • 大人の症状

勉強などで不注意な間違いをする
仕事などでケアレスミスをする
必要なものをなくしてしまう、忘れっぽい
忘れ物、なくし物が多い
興味のあることには集中しすぎてしまい切り替えが難し
時間管理が苦手
課題や活動を順序だてて行うことが難しい
仕事や作業を順序だてて行うことが苦手

特にお困りの症状があれば、この表のような言葉で医師に説明すると伝わりやすいでしょう。

ただ、こうした症状がある人がすべてADHDというわけではありません。ADHDに似た症状を示す障害は他にもあるため、最終的な診断をくだすためには、他の障害や病気ではないことを確認する必要があります。

また、ADHDに他の障害や病気が合併していると、ADHDの症状が見極めにくくなったり、治療効果や将来に影響を及ぼしたりする可能性があるため、合併症の有無も適切に診断する必要があります。

ADHDの治療は、環境調整などの心理社会的治療から始めます。心理社会的治療の効果や、周囲との状況から判断し、必要であれば薬による治療を組み合わせていきます。

症状・特徴は?

ADHDの症状は、個人によっても違いますし、環境によってもあらわれ方が異なります。ここでは、日常生活の場面ごとにおける、ADHDの症状のあらわれ方の例をご紹介します。

場面ごとのADHDの症状

多動性が原因で起こりやすいこと

  • 職場や学校で
  • 家庭で
  • 人間関係

衝動性が原因で起こりやすいこと

  • 職場や学校で
  • 家庭で
  • 人間関係

不注意が原因で起こりやすいこと

  • 職場や学校で
  • 家庭で
  • 人間関係
  • 多動性
  • 衝動性
  • 不注意
職場や学校で
  • 貧乏ゆすりや机を指先で叩くなどのくせがやめられない
  • 会議中や仕事中(授業中や勉強中)に落ち着かず、そわそわしてしまう
家庭で
  • 家事をしているのに、別のことに気を取られやすい
  • おしゃべりに夢中になって家事を忘れてしまう
人間関係
  • おしゃべりを始めると止まらない
  • 自分のことばかりしゃべってしまう
職場や学校で
  • 会議中(授業中)に不用意な発言をしてしまう
  • 周りに相談せずに、独断で重要なことを決めてしまう
家庭で
  • 衝動買いしてしまう
  • 言いたいことを我慢してイライラする
人間関係
  • 衝動的に、人を傷つけるような発言をしてしまう
  • ささいなことでもつい怒ってしまう

職場や学校で
  • 会議や仕事(授業や勉強)に集中できない
  • 仕事(課題)に必要なものを忘れたり、ミスが多い
  • 仕事(課題)の締め切りに間に合わない
家庭で
  • 部屋が片付けられない
  • 外出の準備がいつも間に合わない
  • 家事や金銭の管理が苦手
人間関係
  • 約束の時間にいつも間に合わない
  • 約束を忘れてしまう
  • 人の話を集中して聞けない
 2) SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)とは

セロトニンだけを増やすように開発された抗うつ剤で、従来の抗うつ剤よりも副作用が少ないのが特徴です。第一選択薬としてよく用いられます。

セロトニン不足の関わる不安や落ち込みには優れた効果を発揮することが多いですが、意欲や気力に関わるノルアドレナリンにはほとんど作用せず、そちらの問題を改善する力は弱くなっています。

副作用は出にくいですが、飲み始めの頃に吐き気や胃の痛み、下痢などが見られることがあります。また、睡眠や性機能に支障がおこることもあります。多くの場合は飲み続けるうちに体が慣れ、副作用は軽減していきます。

ただ、飲み忘れたり急に中止したりすると、離脱症状と呼ばれる強い反応がおこることがあるので注意が必要です。



次ED・性機能改善
 
1) 勃起障害(ED)(性交を行うのに十分な勃起を達成または持続できないことです。)

どんな男性でもときに勃起に至らない問題を抱えることがあり、そのような問題の発生は正常なことと考えられています。勃起障害は男性が次のような場合に起こります。
  • 一切勃起できない
  • 短い間勃起するが性交には十分な時間ではない
  • 一貫性なく有効な勃起に至るこれまで一度も勃起に達したり勃起を持続できたことがない場合は、原発性EDと呼びます。
    以前は勃起に達することができた人が後にEDになった場合は、続発性EDと呼びます。
    原発性EDよりも続発性EDがはるかに多くみられます。
    米国では、40〜70歳の男性のうち約50%である程度発症し、その割合は加齢とともに増加します。しかし、EDは正常な加齢の一部とはみなされておられず、何歳でも治療に成功する可能性があります。

勃起障害の一般的な原因と特徴
  • 薬の使用および飲酒
  • 喫煙歴
  • 糖尿病の病歴
  • 高血圧の病歴
  • 動脈硬化の病歴
  • 手術歴(例えば、前立腺肥大症、前立腺がん、直腸がん、血管の病気に対する手術)
  • 外傷歴(例えば、骨盤の骨折、背中の外傷)
  • 血管の病気の症状(例えば、歩くときのふくらはぎの痛み、足が冷たい、足のしびれ、足の色が青い)
  • 神経の病気の症状(例えば、しびれ、チクチク感、筋力低下、失禁、転倒)
  • 内分泌疾患の症状(例えば、性欲減退、乳房が大きくなる、精巣が小さくなる、体毛の喪失、振戦、体重または食欲の変化、暑さまたは寒さに耐えられない)
  • 精神障害(特にうつ病)の症状
  • 性的関係に対する満足度
  • パートナーの性機能障害(例えば、腟炎、抑うつ)

<要約>

  • EDは一般に精神障害、神経系の病気、血管の病気、けが、または一部の薬の副作用や手術の合併症に起因します。
  • 原因を考える際、医師は心理的な要因と対人関係の要因を考慮します。
  • テストステロン療法は、血中 テストステロン濃度が低いEDの男性で勃起機能を回復させるのに役立つ可能性がありますが、 テストステロン濃度の低値はEDの一般的な原因ではありません。
  • ほとんどのED患者は、シルデナフィル、バルデナフィル、アバナフィル(avanafil)、タダラフィルなどの経口ホスホジエステラーゼ阻害薬による治療が成功する可能性があります。(そのほかの症状に付いては医師に相談)


宗“鯒ゥ團

勝\病

Ⅺ 禁酒・禁煙

 
(1) 禁酒、断酒薬の種類

々骸鯡
抗酒薬は従来から用いられており、国内ではジスルフィラム(商品名:ノックビン)とシアナミド(商品名:シアナマイド)が利用できます。これらの薬は、アルデヒド脱水素酵素(ALDH)を阻害するので、抗酒薬を服用中に飲酒した場合、血中アセトアルデヒド濃度が上昇し、「悪心・嘔吐」「頭痛」「動悸」「顔面紅潮」「呼吸困難」などのアセトアルデヒドによる不快な反応を引き起こします。よって抗酒薬を服用していれば、生活の中で飲酒をしたくなるような出来事があった場合にも「飲んでも気持ち悪くなるからやめよう」と考え、心理的に飲酒を断念しやすくなるという効果があります。
ジスルフィラムは100-300mg、シアナミドは5-20mlを通常1日1回服用します。シアナミドの方がジスルフィラムに比べて速効性ですが、効果の持続も短いことが知られています。主な副作用としては、アレルギーによる皮疹・肝障害が起こる可能性があるため、特に服用の初期には血液検査などを行うことが望ましいとされています。また重症の肝硬変や心・呼吸器疾患が合併する場合は使用できません。

飲酒欲求を抑制する薬
飲酒欲求を抑制する薬剤として、国内ではアカンプロサート(商品名:レグテクト)があります。欧米では20年以上前から使用されてきた薬剤ですが、日本では2013年5月に承認され発売されました。アカンプロサートは、主に脳内のNMDA受容体を介する神経伝達を阻害することによって効果を現すのではないかと考えられています。飲酒への欲求を軽減させることにより断酒率を高める効果があり、多くの研究で再飲酒のリスクを低減させることが確かめられています。
アカンプロサートの効果は、断酒をしている人が服用すると断酒率が上がりますが、飲酒している人が服用してその飲酒量を少なくする薬剤ではないようです。そのため服用にはきちんと断酒をしていることが前提とされています。通常1日3回2錠ずつ服用することになっています。副作用としては、下痢・軟便が起こることがありますが、多くの場合は一過性でしばらくすると軽快することが多いです。また重症の腎障害がある場合は服用できません。相互作用は少ないため、抗酒薬との併用も可能と考えられています。
海外では飲酒している人の飲酒量を下げる効果があるナルトレキソン・ナルメフェンといった薬剤も使用されていますが、日本ではまだ承認されていません。

<薬物療法の効果を高めるために>
どちらの薬剤も薬物療法の有効性に影響を与える因子として一番重要なのは、服薬のアドヒアランス(きちんと薬を服用しているか)です。アドヒアランスを向上させるために、毎朝家族の前で薬を飲む、薬箱を作って服用したかどうかをチェックできるようにするといった工夫が、治療効果を上げることにつながります。またこれらの薬は、薬を服用しただけで断酒に成功するというものではありません。薬物療法と他の心理・社会的な治療、自助グループへの参加と組み合わせることが、効果を最大限に得るために重要なことです。
 


 
2) 禁酒・断酒を継続するための方法

アルコール依存症を克服するためには、生涯にわたって断酒を継続しなければなりません。要するに「一生お酒を飲まない」ということです。

ある程度断酒を続けていると「もう大丈夫!」「今ならお酒の量をコントロールできそう」という気持ちになってしまいますが、アルコール依存症は治らない病気ですので、1口でも飲んでしまうとどんどんエスカレートしてまた元の状態に逆戻りしてしまうのです。

そうならないために断酒を継続する効果的な方法をお伝えします。

ー助グループに参加する

自助グループとは、アルコール依存症に苦しめられた患者や家族などが自主的に集まり、飲酒問題を克服していくことを目的にした相互援助団体です。
同じ問題を抱えている者同士が集まって、他人の酒害体験を聞いたり自分の体験を話したりすることで、断酒のモチベーション維を維持することができます。
自助グループは、断酒会やAA(アルコホーリクス・アノニマス)などがあります。

△酒の席にはには近づかない

宴会などのお酒の席にはできる限り近づかないようにしましょう。
アルコール依存症に対して認識のない一般の人に、しつこくお酒をすすめられる可能性があります。

イライラすることを避ける

イライラするとお酒を飲みたくなるものです。
ですので、イライラするようなことはできるだけ避けるようにしてください。
たとえば、ギャンブルなどは負けたときにイライラするので要注意です。
そのほか、女性の中には家事を全部ひとりでやっている人もいると思いますが、無理をするとイライラの原因になります。家事は家族で分担するようにしましょう。

ざ腹にしない

お腹が減るとイライラしやすくなります。
これは血液中の糖の濃度が低くなることで、扁桃体という感情をつかさどる脳の部位がそのサインを受け取ることでイライラするのです。
また、脳のエネルギー源のブドウ糖が足りなくなると判断力が低下して、飲酒欲求に負けてしまうかもしれません。
ですので、お腹がすいたらお米やパンなどの炭水化物を摂るようにしましょう。イライラした感情がおさまり飲酒欲求も消えていきます。

ゼりの人に断酒したことを伝える

飲み仲間だった人・職場の人・身近な人などに、自分が断酒したことをはっきりと伝えておきましょう。
それでも飲酒の誘惑してくるような人とは距離を置くべきです。

抗酒剤を服用する

抗酒剤には、飲酒欲求を抑える働きがあります。
事前に服用することで、飲酒してしまったときに吐き気や頭痛などの不快感が現れます。
このほか、脳に直接作用して飲酒欲求を抑える断酒補助剤という薬もあります。
こういった薬の力を最大限に利用することも断酒を継続するためには大切です。

Ьさな成功を積み重ねる

断酒を継続していくということは、小さな成功体験の積み重ねです。
最初から「一生お酒を飲まない」と考えるよりも、今日一日断酒することに全力を尽くすことが大事です。
一日一日の断酒を積み重ねることで、次第にお酒のない生活が当たり前になり、安定した日常を送れるようになります。



Ⅻ その他
 
(1)痛風ってどんな病気?
痛風とはどんな病気

痛風は尿酸が体の中にたまり、それが結晶になって激しい関節炎を伴う症状になる病気です。医学研究が進み、良い薬も開発されたため正しい治療を受ければ全く健康な生活が送れます。しかし、放置すると激しい関節の痛みを繰り返したり、体のあちこちに結節が出来たり、腎臓が悪くなったりする重大な病気でもあります。

痛風が起きる前に血液の尿酸値が高い状態が長く続きます。これを高尿酸血症と言います。それを放置すると、ある日突然、足の親ゆびの付け根などの関節が赤く腫れて痛みだします。痛みは激烈で、耐えがたいほどの痛みです。発作的な症状なので痛風発作と呼びますが、これはたいていの場合、1週間から10日たつとしだいに治まって、しばらくすると全く症状がなくなります。痛風発作は、炎症を抑える薬を服用すると比較的早く治る事が多いです。ただし油断は禁物で、多くの場合1年以内にまた同じような発作がおこります。そして繰り返しているうちに、足首や膝の関節まで腫れはじめ、発作の間隔が次第に短くなってきます。このころになると、関節の痛みだけでなく、関節の周囲や身体のどこかに結節ができたり。腎臓が悪くなったり、尿路結石が出来たりする人が出てきます。最終的には重症の慢性痛風になる可能性も高いので放置するのは危険です。

また、血清尿酸値の高い人は心血管障害や脳血管障害の可能性が他の人より高い事がわかっています。これを防ぐためには尿酸値以外の動脈硬化のリスク因子にも注意する必要があります。

痛風にかかるのは20歳以降の男性が多いです。血清尿酸値は遺伝と環境の両方が関係するので、それらの知識を持ったうえで対処する必要があります。専門知識を持った医師に相談するのをお勧めします。

 

 

 

個人情報保護ポリシー(担当者:queen wrap) | 特定商取引法に基づく表示

当ウェブサイトはベリサイン社のSSL暗号化通信により保護されています。安心してご利用ください。
一部の医薬品は健康食品と違い、日本では医師でなければ処方できないほど慎重に投与されるお薬ですので、
服用の際は専門医の指導を仰ぐことを強くお勧めいたします。

クイーンラップ/所在地:Level 29, The Offices at Centralworld, Tower 999/9 Rama I Road, Bangkok 10330 THAILAND
TEL : 662(207)2626  FAX : 662(207)2626  e-mail : info@queenwrap.shop

© クイーンラップ All Rights Reserved.